薬膳料理研究家・フードコーディネーター 神田 美紀

シンガーポール~ローカルフードの旅~

シンガーポール~ローカルフードの旅~

こんにちは。

8月も後半にさしかかりましたね。

 

先日夏休みをいただいて、子連れでシンガポールに行ってきました。

セントーサ島に2泊、本島に2泊しました。

 

セントーサ島は、はじめてでしたが、島全体がアミューズメントパークのようです。

 

私たちはウォーターパークやアクアリウムで楽しみました。

ホテルではクジャクが放し飼いになっていました。自然と都会が混在しているような感じです。

 

私としては、滞在中、ローカルフードを食べつくすのが一つの目的。

 

“海南チキンライス” “肉骨茶(バクテー)” “ラクサ” “チリクラブ”とメジャーなものは

いただいてきました。

 

↑こちらは、シーフードの老舗『PARM BEACH』でいただいたチリクラブ。

 

この状態で、カニはさみとカニフォーク・フィンガーボールとともに提供されるので、

 

手はソースまみれで、みんな無言で格闘になります(笑)

 

ソースは濃厚で、カニのみは甘くて美味でした。

 

現地の料理教室にも長男と2人で参加しました。

 

その日のメニューは

ココナッツチキンカレー(レッドカレー)

Roti Jala (カレーに添えられた網状のパンケーキのようなもの)

Ang Ku Kueh(紫いも入りの亀型の餅菓子)

スパイスはホールのものを石うすですりつぶします。

 

右奥のキャンドルナッツははじめてでした。

 

トウダイグサ科の樹木の実だそうです。

 

出来上がったペーストをじっくり炒めて、

 

具材を入れて、ココナッツミルクでしあげました。

 

こちらは、↑Roti Jala

 

 

これは↑Ang Ku Kueh

 

本来は赤いもののようです。

 

出産のときや、お祝いの時にプレゼントするお菓子だそうです。

 

日本産の紫いもと餅粉を混ぜ生地をつくり、型に入れ、中にはココナッツのあんを入れて、

 

バナナの葉の上にのせて、蒸しました。バナナの葉を使うとそれだけで、

 

エスニックな感じしますよね(^^)

 

(紫芋の色でナチュラルに仕上げたと言ってました)

 

こちらが出来上がり。

 

日本で食べるココナッツミルクが入ったカレーは、私の中では、甘ったるくて辛いイメージ(全部食べきれない)でしたが、

 

これはさっぱりしていて、くどくなくて、でもスパイシーで、じゃがいものサイズが絶妙でおいしかったです!

 

これが家庭料理の味なのかなと思いました。

 

これは日本でも再現してみようと思いました。

 

他の参加者は全て英語圏の方(カナダ・オーストラリア・アメリカ)で、若干アウェー感あり、

 

講師のレクチャーも文化的な背景をかなり早口の英語で話されていたので、わかる部分とわからない部分が

 

あって、英語力のなさを痛感でしたが、発見もいろいろあって、楽しい体験になりました。

 

もっともっと英語勉強しようと思いました。

 

シンガポールは7割中華系の方なのだそうです。

 

表記は英語か中国語です。

 

薬膳や食べ物にまつわることはなんとなくわかっても、前回の煙台の時も思いましたが、

 

中国語も一から勉強しなきゃなぁと痛感でした。

 

教室のあとは、チャイナタウンで、ぶらぶら。薬膳食材を購入しました。

 

買ってはいませんが、こんなのも売ってました(^_^;)

 

そして、シンガポール最後の夜は、その名も『soup restaurant』という薬膳スープの店に行きました。

 

旅で食べつくして疲れた胃にスープはぴったりです。

 

スープにはしっかり薬膳効能が記入されています。

 

防燥強身、補血養顔

(乾燥を防いで、からだを強くする)

(血を増やし、顔にも潤いや栄養を与える)という烏骨鶏とくこと干し貝柱のスープ

 

こちらにはimproves blood circulation=血流を改善する とありテンションあがりました。

 

もちろんチョイスしました。

 

烏骨鶏です。骨まで黒いんですよ。

 

補肺益腎、促進新陳代謝

(肺を補強し、腎という臓器の機能を高める)  益腎=アンチエイジング期待できる

(新陳代謝を促進させる)

という冬虫夏草とチキンのスープもいただきました。

 

ひものようなのが冬虫夏草です。

 

どちらもからだにしみいるようなおいしさでした。

 

お店の看板メニューがこちらのジンジャーチキン。

 

しっとりしていて、ジューシーで、子供たちはとりあうほど美味しかったです。

 

添えられているジンジャーソースもあとをひく味でした。(瓶詰で売っていました)

 

こちらの揚げ豆腐は、玉子豆腐をあげているそうで、外はカリッとしていて、中はふわふわでした。

 

薬味や干しエビがのっていて、たれが濃い目でごはんにもおつまみにもなる味でした。

 

こちらは、また伺いたいと思うお店でした。

 

長くなりましたが、たくさん食べて、おいしく楽しく気づきのある旅になりました。

 

すごくリフレッシュできたので、またバリバリ働きたいと思います。